画面が割れたままでのiPhone使用に潜む危険なコト

画面が割れたままでのiPhone使用に潜む危険なコト

強化ガラスは割れると細かく網目状に広がっていきます。

iPhoneの画面が割れたまま利用している人を良く見かけます。まだ使えるからいい、修理代が高い、直す時間がないなど色々な理由があるのかもしれませんが、画面割れを見ぬふりをして使い続けると様々な弊害が起きます。

タッチ操作で指を切る危険性

iPhoneのガラス面にひびが入り、タッチ操作をすることで指を切る可能性があります。最初は小さなひび割れでも使っているうちに薄い破片が剥離して鋭くなって指に突き刺さることもあるので注意が必要です。

寝ながらの使用で破片が目に入る危険

画面割れをしているiphoneをそのままの状態で寝ながら操作をした時に、細かな破片などが落ちて目に入る危険性があります。

勝手にアプリが起動する

タッチパネルの液晶画面が破損しているので、操作にかかわる様々な不具合などが起きる可能性があります。タッチしている場所とは違う箇所がタッチされる不具合が生じたり、操作していない箇所がタッチされ続けることも起こりえます。また思いもよらぬ相手に勝手に電話をかけてしまっているなんて事も。

故障がより深刻化する

画面割れの部分は、ほこりや水などの異物が入りやすい状態となり、より故障が悪化することがあります。内部の故障につながると最悪の場合、基盤不良で電源が入らなくなったりといったトラブルに発展することもあります。基盤の故障となると修理費用も高くなりますし、大切なデータが復旧困難になる場合もあります。

お早目の対策をおススメします!

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報