大事なデータはどうなるの?

データを消さずに修理する方法

メーカー修理は交換修理!無条件に全データ消去

メーカー修理に出した場合には、iPhone内の大切なデータは全て消去され、購入時の状態に初期化て戻ってきます。単なるバッテリー交換だとしても、同じく初期化されて返ってくる結果となります。
これは個人情報保護の関係でユーザーの個人データの扱いが厳しく修理の過程ですべてのデータが消去されるためとも言われますが、これは実際に分解して修理して返すのではなく、全く同じ種類の新しいiPhoneへの交換をするだけの修理となるからです。

iPhone修理Factory+ならデータはそのままで修理が可能

写真や連絡先、アプリ..などなど
入れ直しなんて面倒くさいと思われるなら当店へおまかせください!

iPhone修理Factory+に依頼した場合には、確認作業を除きましてお客様のデータに触れることなく分解して壊れた一部の部品のみを交換する修理となるため、基本的にはiPhoneはそのままの状態となり、中のデータが消去されることはありません。修理後に手元に戻ってきたiPhoneは、故障する前の状態のまま同じように使えます。

日常のバックアップは大事

バックアップはどれほど重要なものなのでしょうか。実際に困った経験がある方の多くは、バックアップをしておいて良かったという意見が多く、バックアップをしておけばよかったと後悔する方も沢山います。
iPhoneは精密機器ですので100%全てが保証できるものでもありません。自分でできる対策は普段から行っておきますと、プライベートでの写真や動画だけでなく、ビジネスで使用する大事な情報を適切に管理することができますので、仕事で周囲に迷惑をかけてしまうリスクを事前に回避できます。当店にお越しの際にも念のためにバックアップをおススメします。

日常のバックアップは大事

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報