お役立ち情報

3D Touchの感度を適切に調整する

🔷3D Touchの感度を適切に調整🔷

 

タッチパネルをブレスする(押し込む)ことで、クイックアクションやピーク、ポップといた機能を利用せきる3DTouch機能。

キーボードをプレスするすることで、カーソルの移動や文章の範囲選択を行えるなど、さまざまな用途に採用せれています。

3DTouchのプレス動作がいまひとつ上手く使いこなせない場合は、感度の調整を行ってみよう。

また、バイブレーションを無効にしたり、3D Touch自体をオフにすることも可能です。

 

 

 

🔶画面の視差効果を減らす🔶

 

iOSの視差効果とは、ホーム画面でアプリを起動したときのアニメーションや端末の傾きでホーム画面の背景が動く効果などのことです。

 

iOS11ではこれらの効果が大きくなって派手になった反面、見にくいという人がいるかもしれません。

 

これらの視覚効果を減らしたい場合は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」の「視覚効果を減らす」をオンにしてみましょう。各視覚効果がシンプルなものになり、動作も短くなります。

 

 

 

 

 

🔶モバイルデータ通信をアプリによって使用制限する🔶

 

【意図しない通信が発生しないよう事前に設定する】

通信キャリアに関わらず、契約したプランのモバイルデータ通信容量を超えると、通信速度が著しく低下するように制限がかかってしまいます。

Wi-Fiがオフになった状態で、うっかりモバイルデータ通信で動画をストリーミング再生したり、大きなサイズのデータを共有するなど、意図せず余計な通信量を消費しないように、あらかじめアプリごとに利用制限をしておきます。

また、ミュージック、iTunesStore ,iCliud と、サードパーティ製アプリの一部はモバイルデータ通信の利用に関してさらに細かく設定できます。

 

 

 

①アプリのデータ通信利用を禁止する📱

「設定」→「モバイル通信」でモバイルデータ通信の使用を禁止するアプリのスイッチをオフに。

一度モバイルデータ通信を使ったアプリしか表示されないので注意します。

 

 

 

②オフにしたアプリを起動すると📱

モバイルデータ通信の使用をオフにしたアプリをWi-Fiオフの状態で起動する。

 

 

 

③更に細かく設定できるアプリ📱

ミュージック , iTunes ,Appstore , iCloudアプリの一部は、機能によって細かくモバイルデータ通信をしようするか設定できあmす。

 

 

 

 

大阪

吹田

茨木

摂津市 エリアのiPhone修理店

iPhone修理Factory+千里丘駅前店では

バッテリー交換 10分~

画面修理 30分~

と短時間での修理が可能ですので、お気軽にご来店ください📲072-697-8552

 

【iPhone対応機種】

iPhoneXSMAX

iPhoneXS

iPhoneXR

iPhoneX

iPhone8Plus

iPhone8

iPhone7Plus

iPhone7

iPhone6SPlus

iPhone6S

iPhone6Plus

iPhone6

iPhoneSE

iPhone5S

iPhone5c

iPhone5

修理に関するお問い合わせはお気軽にお電話下さい📲072-697-8552

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報