お役立ち情報

iPhoneで見ているページをiPadでみる

?iPhoneでみているページをiPadやMacに引き継ぐのがiCloud機能のひとつの「ハンドオフ」です。適用させるとiPhoneで開いているページをiPadやMacで開けます。?

 

【ハンドオフを利用できる条件】

iCloudで利用中のApple IDでサインインしており、端末のBluetoothとWi-fiが有効になっているのが条件です。Windowsパソコンには対応していません。

 

iPhoneとiPadもしくはMacの2台持ちをしている方にオススメなのが「ハンドオフ」です。手を使わずにいつのまにか情報を連携できる機能です。

 

①同一のApple IDでログイン

「設定」⇒「iCloud」で2つの機器で同じApple IDを使ってログインしていることを確認します。

 

 

②BluetoothとWi-Fiをオンに

画面下から上に指でなぞり、通知センターを引き出しBluetoothとWi-Fiをオンにします。

 

 

③「Handoff」をオンにする

「設定」⇒「一般」⇒「Handoff」と開き「Handoff」がオンになっていることを確認して、オフになっていたらオンにします。

 

 

④iPadのタスク画面にSafariアイコンが表示

iPhoneのSafariでWEBページを開くと、iPadのロック画面にSafariのアイコンが出ます。タップすると、iPhoneで開いているのと同じページが開きます。

 

 

【ホームボタン2度押しでもアクセスできます】

iPadのホームボタンを2度押しすると、Appスイッチャー画面になり、Handoff設定中はこの画面下にSafariアイコンが表示され、ここをタップすることで同じページにアクセスできます。

 

 

 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報