お役立ち情報

iCloud写真共有を使う

?iCloudでは他のユーザーと写真を共有することも可能です。

 

共有アルバムを作成し、相手を招待する必要があります。

メンバーとして指定した相手のみに公開可能です?

 

 

 

【知り合いのみにWEB限定公開】

 

iCloud写真共有でシェアした写真はメンバーのデバイスやパソコンで観覧可能になり、

 

 

自分のデバイスに保存したり、コメントをすることも可能です。

 

 

まとめて渡すならストレージサービスでもいいですが、臨時写真を追加するものを特定のメンバーのみに公開したい場合は

 

 

iCloud写真共有がオススメです。招待メンバーのみが観覧可能です。

 

 

 

 

①iCloud写真共有をオンにする?

 

 

iPhoneやiPadの「設定」から「iCloud」を選択、「写真」をタップし、下部にある「iCloud写真共有」をオンにします。

 

 

 

 

②写真アプリで共有を選択?

 

 

これで「写真」を起動すると「共有」という項目が追加されています。

 

 

 

 

③共有アルバムの作成?

 

 

新しい共有アルバムを作成できます。アルバムの名前を入力し、右上の「次へ」をタップします。

 

 

 

④共有メンバーを招待?

 

 

「+」では連絡先から相手を選択可能です。メールアドレスか電話番号のSNSで招待を送ります。

 

 

招待者をすべて選んだら右上の「作成」をタップします。

 

 

作ったアルバムを選択し、下部にある「メンバー」で追加招待もできます。

 

 

 

⑤共有アルバムへの投稿?

 

 

アルバムを作成して選択、「+」で写真の投稿となります。複数の写真をまとめて投稿が可能でメッセージも添えられます。

 

 

 

【コメントや評価も可能】

 

 

招待ユーザーは「いいね」をつけたりコメントを付け加えたりできます。

 

 

共有アルバムには「アクティビティ」という項目があり、アルバムの最新情報がまとめて表示されます。

 

 

 

 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報