お役立ち情報

iCloud容量不足をDropboxで解消する

?iCloudによる容量圧迫原因として最もよくあるのが「iCloudフォトライブラリ」

による写真や動画の自動保存です。写真や動画バックアップはDropboxに保存します?

 

 

 

【Androidとの共有や同期も可能】

 

 

Dropboxは無料で利用できるクラウドサービスです。

 

 

iCloud感覚でiphpneからとパソコンやiPad,Andrid端末にある

 

 

ファイルも同期して、各デバイスで共有できます。

 

 

写真や音楽、動画、エクセルやPDF、テキストとあらゆるiCloudに

 

 

収まり切れないファイルをDropboxに保存が可能です。無料版でも2GBの容量が使えます

 

 

 

 

 

①iPhoneからサインイン?

 

 

Dropboxの利用にはアカウント登録が必要です。

 

 

Dropboxのアカウントを持っていない場合は、作成してサインインします。

 

 

 

②ファイルをアップロードする?

 

 

iPhoneのファイルをDropboxにアップロードしたい場合は、

 

 

下の「+」をタップし「ファイルを作成/アップロード」をタップしてファイルを選びます。

 

 

 

 

③ファイルやフォルダをiPhoneから削除する?

 

 

iPhoneからファイルやフォルダを削除したい場合は

 

 

ファイル名右横の「V」をタップして「削除」をタップで消します。

 

 

 

 

 

④自動的に写真をアップロード?

 

 

Dropboxの設定で「カメラアップロード」をオンにしておくと

 

 

iPhoneで写真や動画を撮るたびに自動的にDropboxへアップロードされます。

 

 

 

 

⑤DropboxのPCソフトをインストールする?

 

 

DropboxのPC版はパソコンにインストールして使います。

 

 

Dropboxの公式サイト(https://www.dropbox.com/)からソフトをダウンロードしてインストールします。

 

 

 

 

⑥Dropboxという名前のフォルダが生成されます?

 

 

パソコンにDropboxという名前のフォルダが生成され、

 

 

ここにファイルをドラッグ&ドロップすれば同じアカウントで

 

 

サインインしているiPhoneのDropboxと同期されます。

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報