お役立ち情報

iPadやMacで開いたサイトをすぐに表示する

【iCloudの連携で他端末で開いているページを閲覧できる】

「設定」の一番上に表示されるApple IDをタップして開き「iCloud」の「Safari」をオンにしておくと、他のiOS端末およびMacのSafariで開いているタブをiPhone上でも開くことができます。Macで見ていたサイトを外出先のiPhoneで開いたり、逆にiPhoneで見ていたサイトをMacで見ていたサイトをMacやiPadの大画面で見直したいといた際に役立ちます。この機能を利用する為には、すべての端末のiCloud設定でSafariが同期されていて、同一のApple IDでサインインされているされている必要がります。

 

 

 

①iCloud設定でSafariを有効に?

「設定」の一番上のApple IDをタップして開き、「iCloud」の「Safari」を有効にします。同期する他の端末でも同じようにSafariのicloud同期を有効にしておくと便利です。

 

 

 

②他端末で開いているタブを確認する?

iPhoneのsafariを起動し、画面右下のタブアイコンをタップ。一覧画面を上にスワイプすると、他端末で開いているタブがテキストで表示されます。

 

 

 

③開いているタブを他端末で確認する?

逆に、iPhoneで開いているタブをiPadやMacで開きたい場合も、同様にsafariのタブアイコンをタップ、クリックすれば大丈夫です。これはiPadのSafariで同期しているタブ一覧を表示したところ「00のiPhone」欄にiPhoneで開いているタブが表示されます。

 

 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報