お役立ち情報

3ステップで空き容量が劇的に増える

🔶STEP1🔶

 

 

【iPhoneの写真はiCloudに保存】📱

 

設定アプリの「iCloud」で「iCloudフォトライブラリ」をオンにして「iPhoneのストレージを最適化」を選択しおきます。

 

これでiPhone内の写真は容量に応じて自動圧縮されます。

 

 

 

【音楽データを削除する】📱

 

あまり聴かない曲は削除して、iTunes Storeから購入したものはあとから再ダウンロードできます

 

 

 

【不要なバースト写真を削除】📱

 

バースト(連写)モード撮影すると、要らない写真まで保存されますが、その他は削除します。

 

 

 

【使わないアプリを削除】📱

 

最も大きな効果があるのは不必要なアプリを削除するのが簡単です。

 

 

 

🔶Step2🔶

 

 

【キャッシュ削除機能がないアプリはソフトを使用して削除】📱

 

「PhoneExpander」を起動して「Clear Temporary Files」をクリックすると、自動で各アプリの一時ファイルやごみファイルの削除が開始されます。

 

 

 

【Googleマップのキャッシュを削除する】📱

 

Google Mapは、アプリからキャッシュの削除が可能です。GoogleMapをよく使う人は簡単に試せます。

 

 

 

【Safariのキャッシュを削除する】📱

 

設定アプリの「Safari」を開き、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップし、一度も削除したことがない場合は、かなり空き容量が増えます。

 

 

 

 

🔶Step3🔶

 

【iTunesの設定で音楽や動画のデータを節約】📱

 

1曲あたりのファイル容量を小さくしてから同期する

 

音質にこだわらないのであれば、「ビットレートの高い曲を次の形式に変換」を使って、音楽ファイルを圧縮してからiPhoneと同期します。ビットレートを一番下の「128kbps」設定した場合使用容量が1/2程度になります。

 

 

 

【空き容量が不足しているとiPhoneがアップデートできない】📱

 

iPhoneのアップデートは「ソフトウェアアップデート」をダウンロードして、そのファイルを使ってアップデートを行います。

 

大型なアップデートの場合そのアップデートの容量は1GB以上になることもあります。

 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報