お役立ち情報

iPadがMacになるiOS11のファイル管理

【ファイル観覧の他フォルダ作成やタグ付けもできます】

 

iOS11の登場で使用が大きく変わったiPadですが、目玉機能として注目されているのが、アップル純正アプリ「Files」「iCloud」の他、iPad内に保存されているファイルを一括管理できるアプリで「DropBox」といったインストール済のサードパーティーアプリ内のファイル管理にも対応出来ます。

 

デザインはMACの「Finder」を踏襲したような内容になっており、さすが純正だけあってアップルらしいシンプルな使い勝手が便利です。ただファイルをブラウジングするだけでなく、フォルダを作成したり、ファイルをコピー&移動したりも出来ます。

「Finder」のように個々のファイルにタグを付けソートしたり絞り込んだりすることも可能な為、Macのような使い勝手のよざが特徴となっています。

 

 

 

【「Files」を使う前にまずやること】

 

・グリッドとリスト表示に対応📱

表示方法は、グリッドリストの2種類。ボタンをワンタップするだけで手軽に切り替えられます。どちらで表示していても「名前」「日付」「サイズ」「タグ」ごとにソートが可能です。

 

 

・スイッチをオンにしてアプリを有効に📱

Filesは、初期状態ではiCloudしか参照できなく、DropboxやOneDriveなどのクラウドアプリをインストール後、Filesから各アプリのブラウズを有効にしておきます。

 

 

①「Files」を起動し、「編集」をタップ

各種クラウドアプリをインストールしたらFilesを起動します。画面左「編集」をタップします。

 

 

②スイッチをオンにして「完了」を選択

インストールしたクラウドアプリが表示されるので、スイッチをオンに。最後に「完了」をタップすれば大丈夫です

 

電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせアクセス情報